住宅ローン審査落ちた理由とは?

住宅ローンの審査に通らなかった場合、信用情報機関に情報が残りますが、それによって他の金融機関の審査に影響を及ぼすことはないようです。
各信用情報機関には「○○さんから弊社に住宅ローンの申し込みがありました」という情報が残るだけで、審査の合否結果は入力されませんから心配は無用のようです。
ただし、短期間にいくつもの金融機関に審査を申し込んだ記録が残った状態だと、「いくつもの金融機関に落とされたのでは?」と危険視されてしまうかもしれません。
信用情報機関に審査を受けた記録が残っているのは半年程度なので、短期間に集中するようならば半年間おとなしくしていた方が無難かもしれません。
その間に、落ちた理由を自己分析することも大切です。
住宅ローン審査に通りやすい銀行の特徴は?賢い銀行選び!【審査基準比較】