一般的には、食あたりと言うものは、夏場に多いとされています。それは細菌、ウィルスが高温多湿を好むことからそのように言われています。また、夏場には、魚介類、生肉を食べる機会が多くなりますが、これらの要因が合わさり、夏場に食あたりが多くなるからです。食あたりの直接的な原因は、生ものを食べることにあります。これが一番でしょう。もちろん、必ず食あたりになる訳ではありません。しかし、その確率は高くなると考えられます。

ですから、それほど心配することはないでしょう。山や海などにレジャーで行ってその場で調理したりすることが食あたりになります。また、キャンプなどではバーベキューが定番ですよね。十分に火が通っていない肉を食べた場合、食あたりとなることがあります。その確立が高くなります。まず食あたりは、夏場に多いと言うことを知っておくきましょう。それが大切です。また、食べ物が腐りやすくなっています。今は冷蔵庫、冷凍庫があります。それが現実ですね。

また、生ものには冬場が旬であるカキは冬場に食あたりが多くなるので、カキに含まれていたノロウィルスによる食中毒が発生します。これは、毎年どこかで発生しているようですね。(汗)※カキも加熱処理したものなら、殆ど問題ありませんね。※食あたりが心配な人は、生ものは避けた方が良いでしょう。

関連ページ